エアコン修理

【エアコン修理】知らないと後悔!どこに頼むか症状で変わる

この記事では、エアコンの修理に関して、どこに頼むべきかを解説をしています。

修行僧
修行僧

筆者はエアコン修理、取り付けを実際に行っている事業者です。(電気工事士)
これまで対応してきたエアコン修理の経験をもとに、なるべく詳しく解説しました。

  • エアコンの調子が悪い!
  • 壊れた!
  • 修理をしたい!

という時に、どこに頼めばよいかお悩みですか?

大事なポイント

実は、エアコンが『どんな症状』で、『どんな原因』で壊れているかによって、頼むべき業者は変わります!

もし、これを知らずに適当な業者に頼んでしまうと、直らなかったり費用がたくさんかかってしまう事も……

適当に見つかった業者さんじゃダメってことね!

モル夫
モル夫
※とにかくすぐ来て欲しい場合のおすすめ業者↓

特に気を付けて欲しい症状

『エアコンの効きが悪いとき』

理由:効かないという症状は一緒でも、原因によって向いている業者が変わる為

もし、これを知らずに間違った所に依頼してしまうと……手間もお金もかかったあげく、満足いく結果にならないことも……!

例えばよくあるのが、効きが悪いからとエアコンクリーニングを頼んでみたけれど、結局はエアコン自体がそもそも壊れていたというパターン……

修行僧
修行僧

とりあえずクリーニングすれば直る?と安易に考えるのは危険です……!

修行僧
修行僧

この記事を読んで、どこに頼めば良いかをしっかり把握してから依頼しましょう!

エアコンには下記の様に様々なトラブルが起きます。

  • 電源が入らない
  • 効かない(冷えない・温まらない)
  • 水が漏れる
  • 音がうるさい
  • 臭いがする、汚い

これら全てエアコンのトラブルなので、「エアコン修理会社」に頼むべきでしょうか?

この答えは「NO」です。

エアコンの修理を頼むとしたら

  • エアコン修理業者(メーカー)
  • エアコン修理業者
  • エアコン取り付け業者
  • エアコンクリーニング業者

と、いくつかの選択肢が考えられますが、それぞれ対応出来る作業、得意な作業が異なります。

本記事では、症状によってにどの業種に依頼をすれば良いか解説しますので、業者に依頼をする前にご一読ください。

どこに頼むべきか?エアコン修理に関わる業種

エアコン修理は様々な業種があると紹介しましたが、どんな業者があるかについて初めに解説をします。

読み飛ばしてすぐに症状別のおすすめ業者を知りたい場合は、こちらの『比較表』をご覧ください。

エアコン修理業者(メーカーサポート)

最初に、メーカーサポート系のエアコン修理業者です。

これは、その名の通り、メーカーが行っている修理サービスの事を指します。

例えば、ダイキンや三菱電機といったメーカーには、エアコンが故障した時の問い合わせ窓口があります。

そこに修理を依頼すると、訪問修理を担当する業者についてです。

要チェック

まだ新しい (5年程度)のエアコンのトラブルは、まずはメーカーに連絡しましょう!

その理由は、メーカー保証が効く可能性がある為です。

※ただし、保証が効くかは点検結果による

※すぐに対応はしてもらえないず待たされる可能性あり

修行僧
修行僧

※ちなみに、訪問してくるのはほとんど業務委託の会社で、メーカー社員が来る事は稀です。

得意なエアコン修理

  • 部品交換の交換が必要な作業

メリット

  • 予め想定部品を持って訪問するので、当日1回で修理出来る可能性高い
  • 工賃自体はあまり高額ではない
  • 問い合わせ用のコールセンターがある
  • メーカーとしてアフターサポートをするという責任がある
  • マニュアルや研修があるので技術力が安定している

デメリット

  • 冷媒ガス補充を扱っていない可能性がある
  • 取り付けに関する、接続配管(エアコンのホース)の不具合は対応しない
  • 交換部品の内容によっては高額な見積りの可能性あり
  • 繁忙期は問い合わせが繋がらない、訪問に時間がかかる可能性あり
  • 別のメーカーは対応出来ない
  • エアコンの清掃は対応出来ない

エアコン修理業者

次は、メーカー系以外のエアコン修理業者についてです。

こちらは、エアコンの修理に特化している一般の空調会社についてとなります。

その為、基本的にどのメーカーにも対応しています。

得意なエアコン修理

  • エアコンの故障について全般的に対応
  • 冷媒ガス補充

メリット

  • どのメーカーでも基本的に対応している
  • 配管(エアコンホース)の修理などメーカーがやらない事も対応
  • 冷媒ガス補充から水漏れ修理まで幅広く対応
  • 取り付け(交換)も同業者で対応出来る

デメリット

  • 部品交換系の修理は取り扱っていないか、時間がかかる可能性
  • 部品交換系の修理は取り寄せなどに時間がかかる
  • 技術力にばらつき
  • エアコンの清掃は対応していない可能性
※とにかくすぐ来て欲しい場合はコチラ↓

エアコン取り付け業者

エアコン取り付け業者は、上のエアコン修理業者と被るところがありますが、ここではエアコンの取り付けのみ特化して行っている業者の事を指します。

得意なエアコン修理

  • エアコンの取り付け・交換

メリット

  • エアコンの交換は安価に行える可能性
  • エアコンの取り付けは手練れなので上手に付けられる
  • エアコンの取り付けはスピーディに対応できる(作業が早い)

デメリット

  • エアコンの修理に関する知識は持っていない可能性(交換)しかできない
  • エアコンの清掃には対応していない可能性

エアコンクリーニング業者

こちらはエアコンのクリーニング業者となります。

基本的にはお掃除だけを行っている業者ですが、『汚れが原因で』エアコンが効かない時のみエアコンクリーニングが有効な事があります。

得意なエアコン修理

  • エアコンクリーニング

メリット

  • エアコンをクリーニングする事に長けている

デメリット

  • エアコンの修理、交換に関する知識は持っていない可能性

【比較表あり】症状別にエアコン修理を頼むべき業者

ここから、実際にエアコンの症状ごとに、どの業者が修理に向いているのかを解説していきます。

チェックポイント

どこに頼むべきかは、「症状」と「原因」の組み合わせで決まります。

同じ『症状』でも『原因』によって頼む業者が変わる為です。

例えば、エアコンが効かないという『症状』があった時、原因が『汚れ』であったらメーカーは対応してくれないのでクリーニング業者に、逆に部品の故障であったらクリーニング業者には対応出来ないのでメーカーに、といった具合です。

症状毎に項目を分けて表を掲載しているので、当てはまる部分を下で確認してみましょう。

※とにかくすぐ来て欲しい場合はコチラ↓

症状1.エアコンの電源が入らない

エアコンの電源が入らない場合は、下記の様になります。

原因については、【エアコン】電源が入らない?原因と修理方法6選で詳しく解説しています。

※自分で対応出来る原因もあるので、上の記事を一度チェックしてみましょう。

原因エアコン修理業者
(メーカーサポート)
エアコン修理業者エアコン取り付け業者
リモコンの故障向いている対応可能向いていない
電子基板の故障向いている対応可能向いていない
エアコン本体の交換対応可能対応可能向いている

電源が入らない症状の場合は基本的には部品交換が必要になるので、メーカーサポートの方が対応に強味があります。

※メーカーの方が部品を持ってきて当日対応出来る可能性が高い

一方、修理費用が2,3万円はかかる事が予想されるので、年式が経っている場合などは、修理するよりはエアコンを交換する判断をして、取り付け業者に新しい本体に交換してもらうのもおすすめです。

【エアコン買い替え】業者に取り付け依頼をするおすすめの方法

症状2.エアコンが冷えない、効かない

エアコンが冷えない、効かない場合は、下記の様になります。

原因については、「エアコンが故障?冷えない、効かない原因8選と修理方法」で詳しく解説しています。

※原因の見分け方も書いているので事前に上の記事を確認してください。

原因エアコン修理業者
(メーカーサポート)
エアコン修理業者エアコンクリーニング
業者
エアコン取り付け業者
内部の汚れ対応していない一部対応可能向いている対応していない
冷媒ガス漏れ対応していない向いている対応していない対応していない
冷媒回路故障向いている対応可能対応していない対応していない
サーミスタ故障向いている対応可能対応していない対応していない
電子基板故障向いている対応可能対応していない対応していない
エアコン本体の交換対応可能対応可能対応していない向いている

エアコンが冷えない、効かない場合は、依頼する先は主に3パターンが考えられます。

・冷媒ガスが怪しい場合:一般の修理業者がおすすめです。

 →メーカーは基本的に設置ミスや外的要因での冷媒ガス漏れには対応してくれない事が多い為です。

  エアコン故障を修理業者に依頼するおすすめの方法

・内部の部品の故障が怪しい場合:メーカーの修理がおすすめです。

 →まだ新しい場合は保証が効く場合も

・明らかに内部が汚れている場合:クリーニング業者がおすすめです。

  エアコンクリーニングで効きが悪い、カビ、臭いを解消する!

 

症状3.エアコンから水漏れする

エアコンから水漏れ場合は、下記の様になります。

原因については、【DIY可能】エアコン水漏れ原因8選と修理方法で詳しく解説しています。

原因エアコン修理業者
(メーカーサポート)
エアコン修理業者エアコンクリーニング
業者
エアコン取り付け業者
ドレンホースの詰まり対応していない向いている対応可能対応していない
ドレンホースの設置状況対応していない向いている対応出来るかも向いている
エアコン内部の汚れ対応していない対応できるかも向いている対応していない
断熱不良対応していない向いている対応していない対応可能
冷媒ガス漏れ対応していない向いている対応していない対応出来るかも
お部屋の気圧差・負圧対応していない向いている対応していない対応出来るかも

エアコンから水漏れする場合は、一般の修理業者がおすすめです。

 →一般の修理業者であれば、様々な原因に対応出来る為です。

  エアコン故障を修理業者に依頼するおすすめの方法

症状4.エアコンから音がする

エアコンから音がする場合は、下記の様になります。

※音の場合は原因というよりも音の種類で区分けしています。

原因については、【エアコンから音】なぜ音がする?原因と修理方法を一覧にしましたで詳しく解説しています。

音の種類エアコン修理業者
(メーカーサポート)
エアコン修理業者エアコンクリーニング
業者
エアコン取り付け業者
キュルキュル向いている向いている対応していない対応していない
ブーン向いている対応可能対応していない対応していない
ガタガタ・ドコドコ向いている対応可能対応していない対応していない
ポコポコ対応していない対応可能一部対応可能対応可能
エアコン本体の交換対応可能対応可能対応していない向いている

音が鳴っている場合は、ほとんど部品の故障や劣化による物なので、メーカーに依頼するのがおすすめです。

一般の修理業者も点検は可能です。

まとめ

以上、本記事ではエアコンの修理はどこに頼むかについて解説しました。

比較表の通り、

  • 部品交換が必要な場合はメーカーサポート
  • 全般的な修理は一般の修理業者
  • 汚れが原因になる場合はエアコンクリーニング業者
  • 買い替えないとダメなほどの故障はエアコン取り付け業者

と使い分けるのがおすすめです。

修理業者に修理を依頼する

エアコン修理業者を探す方法については、エアコン修理を修理業者に依頼するおすすめの方法で詳しく解説しています。

クリーニングを依頼する

エアコンクリーニング業者に依頼する方法については、エアコンクリーニングで効きが悪い、カビ、臭いを解消する!の記事で解説しています。

買い替えを依頼する

エアコン買い替えを検討する場合は、【エアコン買い替え】業者に取り付け依頼をするおすすめの方法で解説しています。

この記事を書いた理由

この記事を書いた動機としては、筆者がこれまでエアコンに関わっている中で、故障原因と修理方法がマッチしておらず、損をしているお客さがいる事を目の当たりにした経験があったからです。

例えば、エアコンの効きが悪くなった場合、エアコンクリーニング(清掃)をすれば直ると思っているお客さんが一定数います。

これは、エアコンクリーニング業者がその様に宣伝している事が主な原因の一つかもしれません。

なので、実際はエアコンの部品が故障して効かないのに、とりあえずクリーニングを頼んでみて、それでも良くならないから、さらに本体自体の修理を依頼する、いう流れになってしまいます。

エアコンクリーニングと本体修理で二重の出費かー

モル夫
モル夫

しかも、最終的に直ればまだいい方です。

エアコンクリーニングをした後で、結局修理が出来なかったり、修理が高額になる程の致命的な故障が見つかる事があります。

そうなるとエアコン買い替えになってしまいクリーニング代金は全くの無駄になってしまいます。

この様なパターンに遭遇すると、少しやりきれない気持ちになります。

どこが原因かわかれば、無駄な出費も減らせます。

この記事、もしくは各項目を詳細に解説した関連記事もありますので、それを確認してから業者へ依頼する事をおすすめします。

※とにかくすぐ来て欲しい場合はコチラ↓

修理業者に依頼する

修理業者への依頼方法については下記の記事にまとめていますので、こちらもご覧ください。

エアコンの取り付け工事を業者に依頼する

もうエアコンを買い替えようと思う場合はこちらの記事をご覧ください。

エアコンクリーニングを業者に依頼する

エアコンクリーニングを頼もうと思う場合はこちらの記事をごらんください。

エアコントラブル全般まとめ記事

修行僧
修行僧

エアコントラブルに関してはこちらの記事もおすすめです。

-エアコン修理